スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産み分け法について


私は今、5歳になる男の子がいるのですが、
初めて妊娠した時は産み分け法はしてなかったけど、
男の子がほしかったので、性別を聞いた時は
すごくうれしかったです。息子がだいぶ手が離れた今、
二人目を考えている中で、「次は女の子がいいね」と
旦那と話すようになり、二人で色々勉強しました。
産み分け法について


性別は、卵子と精子が受精したときには
もう決まっているようです。
しかも決め手になるのは卵子ではなく精子です。
男の子精子と女の子精子には
それぞれ異なった性質があります。
性別の決め手


男の子精子は、数は多いけど寿命が短いので、
たくさんの精子を射精するために女性の生理が終わったら、
排卵日まではできる限りセックスは避けましょう。
そして、アルカリ性に強いということでしたね。
基礎体温表を見てみましょう。
男の子が欲しい!!


女の子精子は数が少なく、精子の数が多いほど、
男の子精子の割合が高くなります。
そのため、生理後から受胎日まではできるだけ
セックスをして、精子を薄めておきましょう。
女の子が欲しい!!


スポンサーサイト

テーマ : 妊娠から出産 - ジャンル : 育児

TAG : 妊娠 出産

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。